パステルシャインアート
   

2017年04月25日

墨染の桜



028.JPG

今年の桜もきれいだった
去年、ウサギのクロちゃんがいなくなって一年
まだ、やっぱりさみしい

深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け

草深い野辺に立つ桜の花よ
もしお前に心があるならば、
今年だけは墨色に染めた花を咲かせて欲しい

春の命を華やかに飾り謳歌する桜の花は、失った命への悲しみをより濃く感じさせてしまう。だから桜の花よ、せめて悲しみの中にある今年の春だけは、その花の色を暗い墨の色に染めて咲いて欲しいと懇願している。悲しみのあまり世の中の色がすべて失われるような思いでいる者には、薄桃色の桜の華やかな姿は煩わしく思えるばかりなのだろう。  やまとうた 〜古今和歌集誕生〜 作者:貫雪







posted by ちなみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。